肩こりの要因と施術方法-①

①僧帽筋が固い

  肩こりの代表格で肩こりと言えばこの僧帽筋のコリです。

 施術方法はまず、骨盤矯正から入ります。体の屋台骨であ

る骨盤が歪んでいては、なかなか治り難いので、骨盤矯正か

ら始めます。 僧帽筋は大きな筋肉で背中上部殆んどを覆っ

ていますので、施術のし甲斐があります。 最初にラジャス

リングで軽擦をします。それから弱い力で手技でフリフリし、

状態を確認します。 筋肉が骨にへばりついている頑固なコリ

については、筋肉を引っ張って筋肉を骨から剥がします。 

押すときはラジャスリングを使います。  肩甲骨の周りは

ラジャスリングで押したりラジャスの剣で押したりし、最後は

手技で引っ張りあげます。 肩甲骨が固くなると四十肩の原因

にもなりますので、とても重要になります。 背骨の近辺は手技

でフリフリしたり、ラジャスの剣で押圧をします。 背骨の傍は

全て指圧のポイントですから、肩こりだけでなく免疫力のアップ

にも効果が高いです。最後にもう一度手技で僧帽筋が柔らかく

なっている事を確認します。 必要によっては猫背対策としての

俗称『愛の進展法』を行います。