夏の疲れを取りましょう

DSC_0321

暑い暑い夏が過ぎ、あっという間に涼しいと言うか寒いくらいの季節になってしまいました。 この様な気候の変化は、体にとってとても負担が大きくなり、様々な不調を訴えるようになります。そこで当サロンでは体全体の疲れを取る為に、整体と指圧と新リンパ療法を組合わせた何処にもない施術方法を考案しました。肩こり解消、骨盤矯正を主体とした全身矯正で、整体基本法-①、基本法-③、オーレグ法、そして新リンパ療法を効果的に組合わせています。 しかもうつぶせで行える施術は全てうつぶせの状態で施術し、仰向けで行える施術は全て仰向けで施術、横向きで行う施術は全て横向きで施術すると言う方法を行っています。 これは出来るだけ患者様にうつ伏せになってもらったり仰向けになってもらったり、いちいち向きを変えなくても良いよう、最小限の体の向き変更ですむ様に患者様の身に配慮して私が自ら考案致しました。お客様からは、体が軽くなった、なんか腰がいつもと違う、長く立っていても腰が辛くならない、歩いていると今までは良くつまずいていたのに、つまずかにくなった、とか色々と評判は良いようです。 もう一つ気を付けている事は、筋診断のやり方です。筋診断法とは肩こりを矯正する時に、右か左か、筋診断で障害側を特定し、障害側だけにアプローチして、左右のバランスを整えて肩こりを解消する施術方法の一つですが、この筋診断法についても、患者様のご負担を軽減する為に極力回数を減らす取り組みを行っています。 さらに私は施術を行う際にアルファ波と言う脳波を出しながら施術しています。アルファ波とは、一日の内に2回、誰でもが経験しています。一回目は朝起きるときです、もう一度は夜寝るときです。アルファ波の時、人はリラックスした状態です。 ですから私はこのアルファ波、中でも中央に位置するミッドアルファ波でリラックスして施術を行っています。この事により、患者さんもリラックスして施術を受けられます。 リラックスして施術を受けると治りが早くなります。自分で直そうとする力が強くなるんです。 ですから結果的に早く良くなります。 ミッドアルファ波は、誰にでも出せますが、私は特別に訓練をして身に着けました。その上インドと中国で修業を積んだ気功師に秘伝を伝授して貰いましたので、他の人よりも短時間でミッドアルファ波を出せるようになっています。ミッドアルファ波の威力は、なかなか信じられない人も多いかと思いますが、すごい威力を持っています。 例えば、両足の長さが違う患者さんの骨盤の障害側を特定し、障害側に手を当て、3分間ミッドアルファ波を出し続けると左右の長さが違っていた足の長さが、あら不思議、揃ってしまうのです。リラックスして施術すると言う事はこの事象からもその大切さがお分かりになられると思います。ですから、私が施術している間、殆んどの患者さんはリラックスして寝息を立てるほどです。 

夏の疲れが未だ残っている立会川、鮫洲、大森海岸、青物横丁、大井町、そして大森にお住いのあなた、是非70分疲労回復コースを体験してみて下さい。 

喜んでお待ちしております。 院長 渡辺一男