マッサージと『新リンパ療法』の違い

マッサージと当サロンが行っている 『新リンパ療法』とは一体何がどう違うのでしょうか?

 

① マッサージ

マッサージや一般的な『リンパ療法』は主に皮膚表面の血液やリンパの流れを良くし、症状を改善しますので『気持ちいい』施術が主流になっています。

 

リンパ療法

これに対して、新リンパ療法は筋肉内部のリンパ液の流れを改善するものであり、時に痛みを伴います。

『痛、気持ちいい』と言う感覚です。

(リンパ反射ポイントに対する施術は痛みを伴いません。)

又、手技の他にラジャスリング、ラジャスの剣、イオンチャネル-Ⅱ、ゴールドゲルマニウム、リンパミラクルテープ、純金金箔等の最新テクノロジーを駆使して施術致します。

 

③マッサージと 『新リンパ療法』の効果の違い

マッサージや一般的な『リンパ療法』による改善効果は体表面に限られますが、『新リンパ療法』による効果は、体の深部にまで及ぶので、自己免疫力、自己治癒力をアップさせる事が出来る為に、様々な症状の改善に繋がります。

『新リンパ療法』は、患者さん自身が持つ自己免疫力、自己治癒力をアップさせる施術を行っています。