【院長ブログ】 今日は途中で施術を断ってしまいました。

今日来られた方は、30代女性で、とてもくすぐり屋さんで、骨盤矯正で、

三角ブロックを入れるために腰骨を持ち上げようとしたら、『こそばゆい』

と言われました。

大腰筋を柔らかくする為に、ラジャスのリングで施術をすると、『痛い』

と言われました。

それではと、大腰筋を手技で和らげようとしたところ、またまた

『こそばゆい』と言われてしまいました。

もともと彼女は首・(肩こり)・背中が痛いとの事で、来られていて、

『腰痛は無い』との事だったので、右足が1cm長かったので矯正して

上げようと思っただけなので、足の長さは取り敢えず揃えて、

すぐに元に戻っちゃうけど『まあ良いか』と気を取り直して

首・肩こり矯正に入りました。

新リンパ療法では、手技を行う前にほぼ100%と言って良いくらい、

ラジャスのリングで『軽擦』を行います。

首・肩こり矯正のための『軽擦』は、背中、肩、腋下、三角筋、首を

行いますが、少し『腋下』に差し掛かった時、再び『こそばゆい』

と言われてしまいました。

そこで私は、『もうやめましょう』と言ってしまいました。

今の私の技術では限界でした。

せっかく遠いところから来ていただいたのに、お役にたてずに

心苦しいのですが、今の私の技術力では彼女を満足させることが

困難と感じ、50分のところ、15分程度で中止して頂きました。

本当に申し訳有りませんでした。

くすぐったがり屋さんは、結構いますが、今まではそれなりに

やって来ましたが、今日ばかりは、年甲斐もなく切れてしまいました。

この様な場合、どの様に対応したら良いのか、新リンパの本部に

行って教えを乞いたいと思いました。