【院長ブログ】私の健康法シリーズ-⑭特性ベット

 

 

 

 

 

写真は私の特性ベットです。

幅が極端に狭くて(50cm)、高さ(13cm)もとても低いです。(笑)

自分でマットを切って、カバーをして作りました。

普通のベットだと肩が沈んで、朝起きた時に肩が

かったるい感じがして嫌だし、何か調子悪いときには

肩がかったるくて寝つきが悪い時が良く有りましたので・・・

寝具屋さんにいろいろ見に行ったりしたんですが、

気に入ったベットは無く、特性で作ってもくれないので、

自分で作りました。

幅については、私は特技が有って、『その場寝返り』が

出来るので、50cmも有れば広すぎるくらいです。

腰あたりが50cmですが肩とか背中の部分は35cmしか

有りません。

私にとっては十分です。

高さは寝た時に腕がベットから落ちて、敷布の上に置きます。

そうすると胸が開いて寝られるので、とても開放的で

肩の違和感は全然ありません。

時々頭がベットから落ちている事も有りますが、全然問題

有りません。

ベットはセパレートになっていて、胴体部分と足の部分は

別々になっています。

足の部分が若干高くなっていて、足の疲れを取れる様にしています。

セパレートになっていてもシーツを被せるとそれ程

動くことは無く、問題ありません。

シーツの上には、健康に良いと言われている『ビサ』微砂?

入りのシートを敷いています。

枕もいろいろ試しましたが、気に入った枕が見つからなくて、

今まで、20個位試しましたが、今は、既製品の枕の

カバーを外して、中身をバスタオルで包んでいます。

そうすると固さや、へこみ具合を調節できますから。

枕は当然『北枕』です。

良くわかりませんが、地球の磁場との関係で血流が

良くなるとか。

そう言えば私は下着を着けないで寝ます。

昔の忍者がいざという時に筋肉が『パット』動くように

裸で寝ている。

と言うのを聞いたような事が有ったのと、パンツやパジャマの

ゴムで締め付けると血流が悪くなると聞いたからです。

冬でも裸で寝ていますが、寒くはないですね。

逆に肩周りは結構汗かいています。

ですから天気が良い時には、良くなくても、出来るだけ

布団を干しています。

可能であれば毎日干しますが、最近は毎日雨ばかりなので

干せないです。

睡眠はとても大切で、私は22:00~23:00に寝るようにしていますが

朝は、目覚めた時が起き時、と思って目覚めたら起きるようにしています。

でも、4:00頃目覚めた時は困りますね、その時はやむを得ずに

また眠るようにしますが、一度目覚めたら、もう寝られないですね。

そういう時は起きてしまいます。

熟睡しているので、その後眠くなる事は無いですね。

早く起きて困る事は、未だ新聞が来てない事です。

新聞は5:00には来てますが、それまでは寝ていたいです。

ですから5:00過ぎの場合は、『パット』起きて新聞を

取りに行きます。

新聞が来てない時は、本当にがっかりです。

3か月くらい前までは、遅い時が有って、本当に遅い時は

7:30頃だったりして、何度も何度もメールボックスを

確認しに行ったりして、腹立たしい事限りありません。

新聞代の集金に来た時、しっかりクレームしたところ、

その後は遅配は無くなりました。

やれば出来るんじゃん、と思いました。

ベットの話に戻りますが、最近施術していて感じることは

診断した全員、100%の人が『巻き肩?』肩が前にズレ

てるんです。

猫背も多いんですが、巻き肩は全員です。

ベットに寝ると背中が沈むので必然的に肩が前方に

行ってしまうからだと思いますが、世の中のベットは

皆同じような形状ですからね・・・

昔から何の進歩も無い、枕もですけど・・・

私は若いころ機械設計をしていた事も有って、色々手作りしています。

とにかく、夜は快適に熟睡して、一日の疲れを取って、

体を再生したいですよね。