【院長ブログ】なぜ、病気の原因、免疫力が落ちるのか?

何故免疫力が落ちて、病気になり易い体になってしまうのか?

私なりにまとめてみました。

と言っても纏めきれるものではなく、色々な要素が

複雑に絡み合っています。

その中でも諸悪の根源は、

①細胞自体が弱ってしまう。

  ストレスとかで、60兆子の細胞一つ一つが

  弱ってしまう。

②細胞に新鮮な酸素や栄養素が届かなくなる。

  神経や骨格異常、筋肉の緊張などで

  血液、リンパ液、脳脊髄液、神経、経絡、

  内分泌液の流れが悪くなる。

③食べ物が関係して低体温になる。

  白差等体を冷やす食べ物を普段食べている。

このなかで、

①に該当するものは主に精神的なもので、

 ストレスによるものが大半を占めます。

②に該当するものは、物理的な問題で、

 これは、整体や新リンパ療法によって

 矯正できます。

③に該当するものは食事、食べ物によって

 起因するものです。

私が改善できるものは②に該当するものです。

①とか、③に該当するものは直接矯正する事は

    困難です。

①のストレスに関しては施術によって多少改善が

    見込まれますが、大部分は自分自身で改善して

    頂く必要が有ります。

③については、食生活を改善して頂かないと

     結構難しいと思います。

 結構太っている方も例外ではありません。

 

でも、①、②、③についても結局は細胞

一つ一つの元気度がとても大切だと思っています。

細胞と言うとても小さな存在ですが、その小さな

存在から人体は出来ていて、細胞一つ一つの

元気度によって、人体の元気度が決まると

私は思っています。

 

皆さん、一つ一つの細胞を大切にして、

元気で長生きして下さい。

 

新リンパサロン立会川 院長 渡辺一男

         携帯 090 7568 4648