【院長のブログ】 【足の長さが違う・・・骨盤が原因・基本】

足の長さが違う、と言う事は、骨盤がズレている事です。

骨盤のズレは、主に次の三種類に区分されます。

①左右どちらかの骨盤が上方にズレている。又は下方にズレている。

②左右両方の骨盤が上方にズレている。又は下方にズレている。

③骨盤が捻じれている。

実際にはこの三種類が複合されて、合計7種類になります。

骨盤はイコール家で言えば土台、歪んでいては、家全体が歪んでしまいます。

ですから、家を治すときでも土台をしっかり治さないと長持ちしません。

ですから当サロンでは、どんな症状でも、まず、骨盤矯正から入ります。

例え、『リンパフェイシャル』でもです。

骨盤が歪んでいると、頭蓋骨も歪んでいます。

頭蓋骨が歪む? 動く? 

と不思議がられている方も鋳ると思いますが、頭蓋骨も動くんです。

ですから、お顔を矯正する場合は、まず、骨盤矯正から入ります。

当然新リンパ療法では、鼻の位置の矯正、顎関節の矯正、頭蓋骨の矯正。

を直接する事も可能ですが、やはり骨盤が歪んでいると、戻り易い。

ですので、骨盤を矯正しておいた方が、スムースに矯正し易いんです。

ですから、全ての症状において、当サロンでは骨盤矯正を行います。