【院長のブログ】 【足の長さが違う・・・骨盤が原因、転びやすい】

【転ぶ事はとても危険です。】

つい先日、お客様のお母さまが、家で転んで、その時は大したことが、

無いと思ってたんですが、だんだん、症状が現れてきて、病院に行ったら、

即入院、その内おしっこが出なくなって、検査をしたら、腎臓が悪い、

と言われ、それから、だんだんその他の臓器もおかしくなってきて、

ついには1週間後に無くなってしまったとの事でした。

【本人に、危機意識はない。】

全く予期せぬ出来事ですよね。 そのお母さんの事は以前に聞いていて、

歩くのが弱弱しくてあまり表にも行かないので、私のサロンに連れて来たい。

と言っていたんですが、本人が行きたくないらしく、今日は寒いから・・・

とか言っているので、本人が行きたい、と思ったら連れてきます。

と言ってたばかりなんです。どんな原因で転んだかは分かりませんが、

お年を召されてから転ぶ、と言う事は命に係わりますから、転ばない様に、

して下さい。と皆様に常に話して居ますが、本当に怖いです。

【骨を丈夫にする前に、転ばないようにする事が大切】

良く、転んで骨折するといけないので、骨折しないように『骨』を、

丈夫にしましょう。と言っていますが、私に言わせれば、『骨』を、

丈夫にする事は容易なことでは有りませし、若いころの強さになる訳でもなし、

それよりも、転びにくい状態にする事が大切だと思います。

【転びにくくする為には。】

一つは、筋肉を丈夫にする事です。筋トレも一つの方法です。無理しないで、

自分の許容範囲内で継続すれば、筋力は維持出来ますし、向上も可能です。

あと、ストレッチも重要です。筋肉は使わないと固くなって、筋力が、

弱ってしまいます。特に『骨』に近い筋肉は『骨』にへばり付いてしまって、

全くと言って良い程動かなくなって、筋肉の機能を失ってしまいます。

ストレッチは、筋肉を伸ばして、筋肉の中に滞っているリンパ液を、

流してやり、筋肉を再生する事が出来ます。『骨』にへばり付いた筋肉、

は、なかなか、ですが、継続してやっていれば、大丈夫です。

どうしても、改善しない場合は、当サロンに来て下さい。

【骨盤矯正で足の長さを揃える必要性】

二つ目は、足の長さを揃える事です。足の長さが違うとつまずきやすい。

と言う話は、良く聞きます。若いうちはそれでも転ぶまでには至らないと、

思いますが、お年を召され、体全体が弱ってくると、ちょっとした事でも、

安定感が無くなり、『転ぶ事』に繋がりかねません。

足の長さを整えるには、骨盤矯正が必要でありますが、骨盤矯正は、

整体と、新リンパ療法の組み合わせで、簡単に、容易に、後戻りしない、

効果的な療法が有りますので、安心して来院して下さい。

20分で出来ます。